定時講演会

北稲門会では、毎年会員を対象とした講演会を開催。講師は早稲田大学教授、著名な卒業生の方などをお願いし、平成7年小山宙丸先生のご講演から令和元年まで28回を数えております。

第28回定時講演会を開催しました

2019年10月28日(月)
2019年度 相楽駅伝監督による講演会

 北とぴあにおいて相楽駅伝監督による講演会と懇親会を開催。48名の方が参加。近隣稲門会をはじめ、最近交流を深めて新潟市からも会長が出席し、賑やかな講演会となった。

 まずは、自己紹介をかねて略歴の説明、福島県郡山市出身で安積高校から早大人間科学部スポーツ科学科に入り箱根駅伝に2度出場し、4年時に主将を務める。低迷期の4年連続シード落ちのチームに平成17年度より早稲田大学競走部コーチに就任。平成27年から駅伝部監督を務め、平成23年に大学三大駅伝三冠を達成する他、オリンピックや世界選手権に出場する選手を多数輩出して、箱根駅伝でも安定した成績を残した。現在の競走部員は33名で参加校の中では最少人数で、一般入試組が20名強おり、授業との両立を前提とした指導を貫く。
講演は、最初に2日前にからくも突破した箱根駅伝予選会の説明をされた。当初の予定から2週間遅くなったことで、予選会、全日本駅伝といういわゆるハーフマラソンを2週連続で続くという過酷なスケジュールとなったため、選手の割振りに頭を悩ませたとの説明があった。エースの中谷が箱根駅伝の予選会に出場できなくなるアクシデントがあり、当日の暑さが予想外でひやひやした結果となり皆に心配をかけたとの説明をされた。
 指導の内容では①世界を目指すコーチング組と②箱根を目指す一般入試組等のティーチング組に分け、本人の目標を明確にして指導しているとの説明があった。また、測定と効果をはっきりさせ、目標に向けて継続する仕組みを作り、選手とのコミュニケーションは。SNSだけでなく、口での会話にも力を入れ、真のコミュニケーション作りに努力されている姿勢には敬服した。予算が限られる中で、専門的なスキルトレーニングでは知人の協力でメンタルトレーニングも定期的に実施しているとの説明があった。
 講演は解りやすく、また論理的で、今後の活躍に期待がもてる内容であり、予選会の結果に一喜一憂することなく、今後の応援を盛り上げていきたいと感じた講演会となった。

 この後行われた懇親会では、相楽監督を囲んで親密な話がなされ、また他稲門会との交流も図られ、とても充実した講演会・懇親会となった。

参考  全日本大学駅伝は6位と結果を残し、箱根駅伝でより一層の期待がもてる内容となった。

令和元年度定時講演会1
令和元年度定時講演会2
令和元年度定時講演会3

これまで開催した講演会

開催日
講師(肩書き・学部名は教授)
演題
第1回
平成7年7月7日 小山宙丸(第13代総長) 「哲学論」
第2回
平成7年11月7日 西川 潤(政治経済) 「世界経済と日本経済」
第3回
平成8年3月21日 永田勝也(理工) 「これからの自動車・ソーラーカー」
第4回
写真
平成8年8月1日 松田修一(生産研) 「21世紀をリードする企業と起業家像」
第5回
写真
平成9年1月17日 間 宏(文) 「経済大国を作り上げた思想」
第6回
平成9年7月28日 兼近輝雄(政治経済) 「私と日本政治史」
第7回
平成10年11月17日 川村亨夫(アジア太平洋) 「21世紀の国際社会と日本の課題」
第8回
平成11年12月3日 森田実(政治評論家) 「日本の政治はどう変わるか」
第9回
平成12年3月1日 岩村充(アジア太平洋) 「日本の金融に未来はあるか」
第10回
写真
平成13年7月5日 小林英夫(アジア太平洋) 「21世紀日本企業はいかに生くべきか」
第11回
平成14年7月9日 西田善夫(33法スポーツ評論家) 「選手をやる気にさせる話術」
第12回
平成15年11月14日 石井浩(渋沢史料館副館長) 「大隈重信と渋沢栄一」
第13回
平成17年3月7日 北川正恭(公共経営大学院) 「地域の自立とマニュフェスト」
第14回
写真
平成18年4月20日 飯野公一(国際教養) 「外国から見た日本の諸情勢」
平成19年3月20日 廣岡達朗(野球評論家) 「人は必ず育つ」
平成20年4月17日 瀬古利彦(日本陸上競技連盟理事) 「心で走る」
第17回
平成20年11月14日 佐沢利和(日本記者クラブ会員) 「総選挙を占い、併せて歴代総理の虚像と実像を語る」
平成21年9月9日 荒和雄(昭和34年第一法卒) 「よい世襲・悪い世襲」
平成22年9月9日 松瀬学(ノンフィクションライター) 「早稲田スポーツと早稲田魂」
第20回
平成23年9月15日 大石久和(早稲田大学大学院公共経営研究科客員教授) 「国土学の見地から・・・国土に働きかける真の復興とは」
平成24年10月23日 井口民樹(ノンフィクション作家) 「早稲田野球の父・安部磯雄とその子孫との出逢い」
平成25年10月18日 島崎元志(昭和36年第一商学部卒業) 「中国見たまま、聞いたまま ― 中国での教師歴12年」
第23回
平成26年10月16日 猪谷千春 「スポーツと私」
平成27年10月19日 金美齢(第一文学部英文科卒) 「日本人の誇り」
平成28年10月25日 佐々涼子 「人知れず、社会を支える人たちの肖像を描いて」
第26回
平成29年10月31日 鵜飼信一氏(早稲田大学商学院教授) 「きらりと光る町工場が地域を元気にする」
第27回
平成30年11月17日 小宮山悟氏 「野球を通して学んだ事と早大野球への提案」
文字サイズ
通常サイズ大きめサイズ
早稲田大学 -校友ホームページ

Copyright(C) 2008 KITA TOMONKAI All Rights Reserved.